×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

抗血小板剤

TOP > 抗血小板剤

抗血小板剤

血小板は、血を固める役割があり、出血の際には、多量出血を抑えます。
ここで紹介する薬は、血小板の凝固作用を阻害する薬剤で、血管内に血が固まらないようにし、 血栓を作らないようにしま。
、 心筋梗塞や脳梗塞、動脈硬化、脳卒中などの予防に効果を発揮します。

COX-1阻害

血液が固まる時や、痛みを感じる物質を作るときに働く酵素、
「血小板シクロオキシゲナーゼ(COX-1)」と結びつき、 血小板の働きを阻害します。
アスピリンが有名で、広く使われています。
アスピリンは少量を用いることで、「抗血小板薬」として作用します。

バファリンは、アスピリンが主成分のお薬ですが、 アスピリン330mg配合の場合は解熱・鎮痛剤として、 アスピリン81mg配合の場合、つまり少量で用いると、 抗血小板作用が働きます。

マレーシアの抗血小板の薬(血小板凝集阻害剤)

アスピリン=アセチルサリチル酸

アスピリン アスピリンは、関節炎、痛風、腎結石、尿路結石、片頭痛や、さらには、 手術後の痛み止めや、外傷、生理痛、歯痛、腰痛、筋肉痛、神経痛などの鎮痛目的で使用されていますが、 小量の使用では、血小板の作用を阻害し、血栓の予防をし、狭心症や心筋梗塞、脳卒中(脳梗塞)などの治療に用いられています。

抗血小板剤の関連英語