×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

咳・喉・鼻

TOP > 咳・喉・鼻

咳・喉・鼻

日本の有名な大手製薬会社「大正製薬」が、マレーシアで商品の販売を開始いたのが2006年7月のこと。
やはり、マレーシアで初めて見る薬より、日本で慣れ親しんだ薬の方が安心感が違います。
日本でパブロンと言うと「効いたよね、早めのパブロン」と言うように、総合風邪薬ですが、 マレーシアでは、「Cough」、つまり咳・喉・鼻に効く薬を売りだしたようです。
個人的には、総合風邪薬が欲しいのですが、今後の展開に注目です。
>大正製薬プレスリリース

咳や喉に関しては、中枢神経に働きかけ、“たん”の粘り気を和らげ、外に排出しやすくすることが、 薬の役目です。
“たん”とは、気道を覆っている粘液に、 外部から入り込んだ細菌やウイルス、ほこり、はがれ落ちた気道粘膜の表皮などが混じったもので、 咳の原因にもなるので、“たん”を外に出すことが、症状を緩和する方法となります。

マレーシアの咳・喉・鼻の薬

咳・喉・鼻の関連英語